ジスロマックは赤ちゃんに与えることも可能です。赤ちゃんに服用させる方法を紹介します。

赤ちゃんに薬を与える時のポイント

赤ちゃん

ジスロマックは小児用のものであれば赤ちゃんにも使うことができます。

そのため、赤ちゃんが何らかの細菌感染症にかかってしまったときに小児用のジスロマックを処方される場合もあります。

非常に効果の高いジスロマックを赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのか、と心配になってしまうお母さんも中にはいると思いますが、小児用のジスロマックは成人用のジスロマックとは効き方が違います。

小児用のものであれば、体重に合った量を使えば問題ないので、赤ちゃんに小児用のジスロマックが処方されたときでも安心して服用させるようにしましょう。

ですが、赤ちゃんに薬を飲ませるのは結構大変なことですよね。

赤ちゃんに細粒タイプの小児用ジスロマックが処方されたときは、少量の水などを垂らして練り、頬の内側や上顎の部分に塗りつけてから授乳させたり、必ず飲みきれる量の水やジュースに溶かしてシロップ薬と同じような状態にしてから服用させると、小児用のジスロマックを飲ませやすくなります。

スポイト

シロップ薬のようにしてから服用させる場合は、スポイトを使って服用させる方法もあります。

薬を飲ませるのにスポイトというと、あまりピンとこないかもしれませんが、スポイトの中には薬用のものも作られており、薬局でもらえることもあれば、薬局やドラッグストアで販売されていることもあります。

家に赤ちゃんがいるという人や、赤ちゃんのお母さんは薬を飲ませることになったときのために薬用のスポイトを備えておくことをオススメします。

スポイトを使ってシロップ薬を飲ませるときは、赤ちゃんに飲ませる薬を正確に測り、適切な量の薬をスポイトで吸い上げ、頬の内側を伝わらせてゆっくり垂らすようにして飲ませましょう。

大人でもそうであるように、赤ちゃんも舌の上は味覚を感じやすいので、舌の上に垂らしてしまうと苦味を感じて吐き出してしまう可能性があります。

せっかくの薬も吐き出されてしまうと上手く効果を発揮することができなくなってしまうので、必ず頬の内側を伝わらせるようにして服用させるようにしましょう。

また、口の真ん中にスポイトを差し込んでしまうと咳き込んでしまうこともあるので、確実に飲み込ませるためにもできるだけ口の真ん中に差し込むのは避けましょう。

勢いよく薬を入れるのも咳き込んでしまう原因になるので、口の中に薬を入れるときは優しく、少しずつ入れて飲ませていきましょう。

赤ちゃんは身体が小さく、症状も悪化してしまいやすいので小児用のジスロマックが処方されたときはこういった方法を使って、しっかりと服用させるようにしましょう。