性感染症にはさまざまな種類があります。近年では若年層の方々が性感染症に感染することが多くなっています。

性感染症について考える

性感染症について考える女性

性病についてですが、正式名称は性感染症(STD)と言います。

症状や、感染によって種類が多様にあります。

男性、女性によっても違いますが、大きく分けると24の病名があります。

代表的なのを上げますと、クラミジア、梅毒、性器カンジダ症、性器ヘルペス、HIV感染症(エイズウィルス)、淋病などがあります。一度は耳にした事がある名前ばかりだと思います。

性感染症と言うと、やはりイメージはかなり良くありません。

感染経路が性的接触による感染ばかりなので不特定多数の方と性的な接触がある方や、風俗へよく行く方がなるイメージがあると思います。

ですが、最近は一般の方でも多数の方が感染してます。

クラミジアは感染者数が100万人以上とされ、特に若い世代、10代後半~20代にかけて増加してると言われてます。

感染していても覚症状が殆どないと言われてるため、気付かないうちに他の人へ移してしまっている可能性があります。

特に男性に比べてほとんど症状が出ません。

妊婦健診で検査しますが、それまで気付かなかったという方もいます。

そしてクラミジアなどに感染してしまうと、HIVなどに感染する確率が通常よりも増えます。

HIVは不治の病とも言われてます。

完全にウィルスを排除する事が出来ません。

治療も以前よりは変化してしっかり治療に向き合えば、必ずも死に直結するわけではなくなりましたが、やはり恐ろしい病気です。

感染する確率が増える前に、その原因を先に治療するべきです。

性感染症と一概に言いましても、HIVから症状が全くないものまであります。

種類は違えども、最終的にはつながります。そして、パートナーへの感染にも及びます。

症状が軽いから大丈夫という問題ではないです。病院へ行く事や、検査キットで検査するなど方法があります。

イメージはよくない病気ですが誰にでも起こり得る病気です。

パートナーの感染も率も高い為、やはりお互い感染には気を付けるべきです。

若い世代だけではなく、もしかして?と思った方は検査してみたほうがよさそうです。

色々な症状などがある為、自分に当てはまりそうなのがある場合調べてみましょう。

現在はジスロマックやクラビットなど大変有効な薬があり、通販でも購入できます。

陽性だった場合はすぐに治療しましょう。