ジスロマックと同じように効果の高いクラビットですが、クラビットにはもちろん副作用もあります。

クラビットの副作用

クラビットの副作用で大げさにおなかを痛がる男性

ジスロマックと同じように性感染症を効果的に治療することができるクラビットですが、他の医薬品がそうであるように、クラビットにも副作用があります。

副作用が少ないという特徴があるのがクラビットですが、あくまでも副作用が少ないというだけで、副作用が全くないというわけではありません。

クラビットを安心して服用するためにも、そしてもし副作用が出てしまったときに慌てなくて済むようにするためにも、クラビットを服用するとどういった症状が副作用として出る可能性があるのか、しっかり覚えておくことも大切です。

クラビットを服用したことによって感じる可能性がある副作用は、様々な症状があります。

副作用としてあげることができる主な症状は発疹や下痢、軟便、胃や腹部の不快感です。

これはクラビットが抗菌剤であることに理由があり、病原菌だけでなく体内にある善玉菌も攻撃してしまうため、消化器系の副作用が出てしまうのです。

また、これだけでなく、頭痛や目眩、吐き気、不眠などの症状も、クラビットの副作用としてあらわれる可能性があります。

クラビットは安全性が高く作られている医薬品ですが、副作用の中には紅斑や悪寒、呼吸困難といったアナフィラキシーショックの症状や、QT延長、急性腎不全や間質性腎炎といった重篤な症状もあります。

重篤な副作用はこれら以外にも中毒性表皮壊死症や痙攣、肝機能障害などもあるので、クラビットを服用するときはこれらの副作用が出ないように、正しい服用方法を守って服用するようにしましょう。

副作用を整腸剤で緩和している男性

クラビットを服用したことによって胃腸系に副作用が出たときは整腸剤や胃腸薬を服用することによって体内の環境を整えて対処することができます。

また、クラビットの服用ペースを守るのも副作用の対処法になるので、クラビットを服用することになったときは必ず服用ペースを守るようにしましょう。

ヨーグルトなど、善玉菌を増やす効果がある食品を積極的に摂取することで、攻撃されて減ってしまった善玉菌を増やすのも有効な方法です。

このように、クラビットの副作用の対処法にもいろいろなものがあるので、症状に合わせて対処していくことでクラビットを使って効果的に治療をしていくことができるようになります。

ですが、もしアナフィラキシーショックなどの重篤な副作用が出たときは自力で対処しようとするのではなく、速やかに救急車を呼ぶなどして、病院で適切な処置を受けるようにしましょう。