レボフロキサシンえお主成分としたジェネリック医薬品、レボフロックスについて紹介します。

レボフロックスの説明

レボフロックスのパッケージ

クラビットのジェネリック薬はL Quinだけではありません。

レボフロックスという薬もクラビットジェネリックの一つで、L Quinと同じようにインドのシプラ社が製造しているジェネリック薬です。

L Quinは聞いたことがないけれどレボフロックスなら聞いたことがあるという人も、もしかしたらいるのではないでしょうか。

レボフロックスもL Quinと同じように有効成分にレボフロキサシンを含んだ医薬品で、レボフロキサシンが含まれている量によって250mg、500mg、750mgの3種類が作られています。

つまり、レボフロックスの用量もこの3つになるので、L Quinを購入するときと同じように自分の症状に合った用量のレボフロックスを選択する必要があります。

用量が多いレボフロックスほど高い効果を実感することができそうに感じるかもしれませんが、高用量ということはそれだけ副作用が出る可能性も高くなるということになります。

高用量であればあるほどいいという単純な話ではないので、必ず自分の身体に適したレボフロックスを選ぶようにしましょう。

レボフロックスを服用するときは1日の摂取量を500mgが上限になるので、この上限を超えないように服用する必要があります。

250mgのレボフロックスであるなら2錠を1日1回、500mgのレボフロックスを服用するなら1錠を1日1回、水やぬるま湯と一緒に服用するようにしましょう。

最も高用量の750mgのものを使うときは必ず事前にかかりつけの医師に相談し、服用しても大丈夫かどうか確かめてから、1錠を同じように1日1回服用するようにしましょう。

妊婦が服用する危険性を伝える女医

レボフロックスを服用するときの注意点としてあげることができるのが、妊娠や妊娠の可能性がある人は服用しないようにするということです。

また、これだけでなく、重度の心臓疾患や、てんかんなどの痙攣症がある人も、病気の症状を悪化させてしまう可能性があるので、レボフロックスを服用してはいけません。

また、レボフロックスも痒みや蕁麻疹、発疹、光線過敏症などの副作用が出る可能性があります。

他にも不眠やめまい、頭痛、胃や腹部の不快感など、胃腸系の症状が副作用として出る可能性があるので、レボフロックスを服用するときはこういった副作用にも注意するようにしましょう。

250mgのものであれば、1錠27円、1箱2680円ほどという安さで手に入れることができるレボフロックスですが、レボフロックスもL Quinと同じように、日本ではまだ厚生労働省の承認を受けていない医薬品になります。

レボフロックスを手に入れたいと思ったときは通販を利用しなくてはならないので、そのこともしっかり頭に入れておきましょう。