ジスロマックは薬局などでは販売されていません。その理由について解説します。

ジスロマックは市販されているの?

ドラッグストアでジスロマックが手に入らないことに絶望する男性

正しく服用すれば症状を効果的に治療することができるジスロマックを、薬局で手に入れることができたら便利なのに……と考えたことがある人もいることでしょう。

さまざまな医薬品を安心して手に入れることができる薬局の中に、ジスロマックも並んでいたら病院に行ったり、使い慣れない個人輸入代行の通販を利用したりしなくてもジスロマックを手に入れることができるので、便利に感じますよね。

ですが、残念ながらジスロマックは薬局では取り扱われておらず、薬局で働いている人にお願いしてもジスロマックを取り寄せてもらうことはできません。

何故こういった違いがあるのか、具体的な理由は皆さんご存知でしょうか。

これはジスロマックという医薬品自体が、医師が発行した処方箋がないと手に入れることができない薬に分類されているためです。

薬局やドラッグストアに並んでいる医薬品は市販薬に分類されている薬であり、ジスロマックの分類とは異なります。

ジスロマックは処方箋医薬品という分類になっており、この薬を取り扱うことができるのは都道府県知事の許可を受けた業者だけとなっているという特徴があります。

ジスロマックが薬局やドラッグストアで市販されていないのには、こういった薬の分類の違いという理由があるので、薬局やドラッグストアでジスロマックを手に入れようとするのは諦めましょう。

通販で購入できることを知り購入しようとする男性

タイのバンコクや香港、シンガポールでは一部の薬局でジスロマックを購入することができる場合もあります。

海外旅行に行っているときにこういった国であれば簡単にジスロマックを手に入れることができる可能性もありますが、海外で市販されている医薬品には、質の悪いものや偽物なども多く流通しているので、海外でジスロマックを購入するのなら粗悪品や偽物に注意しなくてはなりません。

また、配合されている成分によっては命に関わる場合もあるので、わざわざ海外まで行ってジスロマックを購入するのはあまり現実的ではありません。

日本と海外の医薬品の販売には違いがあり、標準的な容量が大きく異なる場合があります。

同じ名前の医薬品でも日本で販売されている医薬品の数倍もの量が、海外での標準容量になっている場合もあります。

通販を利用してジスロマックを購入するときは海外市場版のものを購入することになるので、通販を利用するときは日本と海外の販売の違いも覚えておくと、より安全に利用することができるようになるでしょう。