クラミジアの治療薬のジスロマックやクラビットのジェネリックなら安く購入できるのでお勧めです。

ジスロマックなどのジェネリック

性感染症は症状のために辛いのはもちろんですが、人に知られたくないと恥ずかしいと感じてしまう病気でもあります。「もし近所の病院で知り合いにあったら・・・」、「医師といっても下半身を見られたくない」などの不安を感じたり、抵抗感を持つ人は少なくありません。

国内でもっとも多い性感染症はクラミジアと言われ、その数は100万人を超すとも言われています。クラミジア症は決して自然治癒することはなく、放置してしまうと悪化の一途を辿ることになります。男女共に不妊症の原因にもつながり深刻な問題になるので、速やかな治療は必須です。

そこで今回は、自宅でもクラミジアを治療できる抗生物質をご紹介します。ジェネリックになるので、先発薬と同一の成分が含まれている事から同等の効果を期待することができます。しかも低価格なので、負担も少なく治療を行うことができます。感染者数が多い病気なだけに、いつ感染してもおかしくないので常備しておくのもお勧めです。

画期的な治療薬のジェネリック

これは、ジスロマックというお薬になります。成分はアジスロマイシン水和物となり、少ない服用回数でクラミジアを治療できる画期的な薬と言われています。このジェネリックに「AZEE(アジー)」があります。同じ成分が含有され、同じようにクラミジア症であれば3日間の服用で効果を7~14日間継続させることができます。

しかもこの期間内で完治する確率は90%にもなり、クラミジアの特効薬になります。先発薬は1錠500円以上しますが、アジーであれば半額の250円ほどで購入できるので画期的な治療薬を低価格で使用することができます。常備しておくのにもアジーはお勧めです。

病院での処方機会が多い薬のジェネリック

これは、クラビットという薬になります。ジスロマックに比べると服用回数や日数が多いものの、クラミジアはしっかりと治療することができます。成分はレボフロキサシンになり、1週間ほどが服用期間とされています。病院ではもっとも処方機会が多く、価格は450円ほどになります。これはジスロマックよりも前からある薬になるので、ジェネリックである「L-Quin」や「レボフロックス」であれば、1錠を30~80円ほどで購入できます。

負担を最小限に抑えたい人には、クラビットのジェネリックがいいでしょう。どちらの薬のジェネリックも個人輸入代行サービスの通販で購入できますが、感染症は自己判断では完治かどうか分からないので検査キットも同時に購入することがお勧めです。