クラミジアかもしれないと思った時に受ける検査。このとき淋病の検査も同時に受けておきましょう。

一緒に検査しておこう!

検査をすすめる医者

体内にクラミジアがいるかどうか、検査で確かめるときは、必ずクラミジアだけでなく淋病の検査も同時に行うようにしましょう。

というのも、クラミジアに感染している人が同時に淋病にも感染してしまう確率は高いもので、約40%の確率でクラミジアと淋病に同時感染しているといわれているからです。

淋病も性感染症の中では、よく名前を耳にする病気ですが、ただでさえ厄介なクラミジアだけでなく、淋病にも感染してしまうなんて、ショックを受けてしまいますよね。

また、淋病も放置しているとどんどん症状が悪化してしまい、大変なことになってしまうので、クラミジアと同じように早期発見と早期治療が大切になってくる性感染症です。

クラミジアだけでなく、淋病にも感染してしまっているかもしれないと考えて、クラミジアの検査を受けるときは必ず淋病の検査もしてもらいましょう。

淋病を引き起こす原因である淋菌に感染している人たちは、クラミジアの原因となるクラミジア・トラコマチスに感染している人の次に多いといわれており、クラミジアと淋病に同時に感染してしまっている人もたくさんいます。

淋病は男性の場合であればはっきりとした症状が出るので比較的わかりやすいのですが、女性の場合、クラミジアと症状が似ているのでどうしても気付きにくいという特徴があります。

そのため、クラミジアにしか感染してしないと思っていても、その裏には淋病が隠されている可能性も十分にあるのです。

淋病を引き起こす淋菌はクラミジア・トラコマチスに比べて増殖するスピードが速いため、淋病に感染してしまったときは速やかに抗生剤を投与して治療しなくてはなりません。

また、潜んでいる淋病に気づかずにクラミジアのみの治療を行ってしまうと、体内に潜む淋菌が耐性を持ってしまい、淋菌を死滅させるのが難しくなってしまうこともあります。

こういった事態を防ぐためにも、クラミジアと淋病は同時に検査をすることが推奨されているのです。

もし、クラミジアと淋病の検査を行って、淋病にも感染してしまっていることがはっきりしたときは、まずは淋病の治療から先に行うようにしましょう。

どちらの病気も似たような性質を持っていますが、症状が激しいのは淋病のほうですし、先ほど説明したようにクラミジアの治療を優先すると体内の淋菌が耐性を持ってしまうことも考えられます。

クラミジアだけでなく淋病にもかかってしまっていたときは、必ず淋病から先に治療をし、淋病が完全に治ったことが確認されてからクラミジアを治療していきましょう。