クラミジアの検査を病院で受けた後に結果次第では、そのまま病院で治療することができます。

病院で検査から治療まで完結

検査も病院で受けられることを解説する医者

病院などの場所で検査を行い、クラミジアであることが判明した場合、速やかに治療に移ることになります。

クラミジアは一度感染すると自然治癒することはないので、必ず治療をしなければクラミジアを治すことはできません。

クラミジアの治療は男性の場合でも、女性の場合でも方法は同じで、適切な抗生剤を服用するのが主な治療法になります。

クラミジアの治療に使われる抗生剤は、主にテトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系の抗生剤で、そのうちジスロマックとクラビットを使用した治療が9割を占めています。

クラミジアは放置していると恐ろしい性感染症ですが、治療は比較的簡単で、ジスロマックを使用した場合1000mgを一回服用することで一週間後には完治する場合が多くなっています。

ですが、使用した抗生剤があまり効果を発揮しなかった場合、他の抗生剤を使いながら様子を見ることになるので、完治するまでに必要な時間が伸びてしまうこともあります。

症状が重い場合は完治するまで数ヶ月かかることもあり、治療にも抗生剤の服用ではなく、点滴が使われる場合もあるようです。

つまり、クラミジアの治療には抗生剤と場合によっては点滴が使われることもあるということになります。

基本的に投薬治療で治療をしていくのがクラミジアの治療法になるので、病院で治療を受ける場合も抗生剤を処方してもらい、投薬治療をすることになります。

クラミジアの原因となるクラミジア・トラコマチスは放置しているとねずみ算式にどんどん体内で増えていってしまうため、確実に、そして完全にクラミジアを死滅させることとても重要になってきます。

ですが、体内でクラミジア・トラコマチスが死滅したかどうかなんて、自分の目で直接確かめることはできないので、わかりませんよね。

そのため、病院でクラミジアの治療をするときは、抗生剤をきっちり飲み終わったら再びクラミジアの検査をして、クラミジア・トラコマチスがきちんと死滅したかどうかを確かめることになります。

この完治したかどうかを確かめる再検査が、クラミジアの治療で最も重要になってくるポイントで、クラミジアの治療が終わってから一週間以上、一般的には二週間以上経ってから、再び遺伝子検査を行うことになります。

病院でクラミジアを治療するときはこういった方法で治療をすることになりますので、今は自分に関係ないと思っている人も、もしものときに備えてクラミジアの治療法をしっかり覚えておくことをオススメします。