クラミジアになってしまったかもしれないという場合、病院で検査を受けることがあると思います。性病科や泌尿器科などで検査をしてもらいましょう。

病院で治療してもらう場合は…

病院でクラミジアの治療をする医者

最後に性行為を行ってから、なんだか調子がおかしい感じがするし、もしかしたらクラミジアに感染しているかもしれない……。

このように感じたときは、必ず病院へ行って適切な検査を受けるようにしましょう。

病院に行くのが難しい場合は検査キットを使ってクラミジアかどうか検査をする方法もありますが、検査キットでの検査は簡易的なものであることがほとんどです。

より正確な結果を出すなら、やはり病院での検査が一番なので、できるだけ病院で検査を受けるようにすることをオススメします。

ですが、病院といってもいろいろな診療科があるので、どの診療科に行って検査をしてもらえばいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか?

クラミジアの検査をしてもらおうと思ったときは、速やかに病院へ行って検査をしてもらいたい気持ちになっていることがほとんどなので、診療科を選ぶのに時間を使いたくありませんよね。

クラミジアの検査をしてもらうことができる診療科は男性の場合と女性の場合で若干の違いがあるので、間違えないようにしなくてはなりません。

男性の場合と女性の場合で共通している診療科は性病科で、咽頭クラミジアの疑いがある場合は耳鼻咽頭科で検査をしてもらうことができます。

なので、クラミジアに感染したかもしれないと思ったときは、まずは性病科に足を運ぶのが最も確実です。

男性の場合、クラミジアの検査は性病科以外にも泌尿器科で受けることができます。

これはクラミジアがまず尿道に入り込み、尿道炎を引き起こすためです。

もし性病科に行くのがなんとなく抵抗があるというときは、泌尿器科に足を運び、クラミジアの検査をしてもらいましょう。

女性の場合は男性の場合よりも選択肢が多く、性病科以外にも婦人科や産婦人科で検査をしてもらうことができます。

産婦人科なら妊婦がクラミジアに感染してもらったときでも検査をしてもらうことができるので、近くに性病科の病院がないときは婦人科や産婦人科へ行きましょう。

女性の中には婦人科や産婦人科に行くことが恥ずかしいと感じてしまう人もいるかもしれませんが、婦人科や産婦人科は女性なら一生お世話になるといってもいい診療科なので、別にこれらの診療科に足を運ぶことは恥ずかしいことではありませんので、安心してくださいね。

また、クラミジアの検査を受けるときは、クラミジアに感染したと思われるタイミングから、早くても3日後に初回検査を受けるようにしましょう。

これはクラミジア・トラコマチスは人の細胞に潜り込んでから72時間ほどかけて増殖し、その後、拡散するためです。

細胞の中で増殖している間はどれだけ検査をしてもクラミジアに感染していることがわからないので、初回検査は感染が疑われる日から3日後というのは忘れないようにしましょう。