男性にあらわれやすいクラミジアの症状を把握して、判断できるようにしておきましょう。

男性にあらわれる症状

クラミジアの症状に悩まされる男性

男性が感染した場合でも、女性が感染した場合でも、無症状であるという部分は男女共通になってくるのがクラミジアという病気の特徴です。

はっきりとした症状が出るようになると男性の場合と女性の場合で違いが出てくるので、早く具体的な症状について知りたいと思っている人もいることでしょう。

男性がクラミジアに感染すると、一体どのような症状が現れ、悪化してしまうとどういった症状に変化していくのでしょうか。

男性がクラミジアに感染した場合は女性よりも気付きやすいといわれており、男性がクラミジアに感染した場合、主に尿道から感染していくことが多くなっています。

感染したときの主な症状として挙げることができるのが、尿道の痒みや排尿時の痛み、尿道から白い膿が出るといったものです。

男性の性器クラミジアは必ず尿道から感染するので、症状が現れるとまずはこういった尿道炎の症状が現れ、悪化してくると残尿や頻尿、血尿といった症状が出てきます。

さらに、射精したときに精液に血が混じったり、下腹部や会陰部、太ももの内側に痛みを感じるといった症状も出てくるようになります。

この段階でクラミジアを治療しないと、クラミジアは尿道から精嚢へと進行していき、精嚢炎や前立腺炎といった病気に変化していきます。

精嚢や前立腺には痛覚がほとんどありませんが、周辺の神経が異常を知らせるためにこういった症状が出てくるようになります。

こういった症状を感じたときは、速やかに病院や検査キットを使って、クラミジアの検査を行うことをオススメします。

ここまででも放置したら大変なことになるのがよくわかりますが、男性がクラミジアに感染した場合に起きる症状はこれだけではありません。

前立腺からクラミジアがさらに進行すると今度は精巣上体にクラミジアが感染してしまい、陰嚢の激痛や腫れ、陰嚢の発熱、陰嚢にしこりができたり、全身の発熱などの症状が引き起こされます。

精巣上体がクラミジアに感染して精巣上体炎になってしまうと、睾丸で作られた精子が運ばれる管である精管が塞がってしまう可能性があります。

こうなると精子を運ぶことができなくなってしまい、無精子症に繋がって男性の不妊の原因になってしまいます。

クラミジアを放置したことによる不妊の危険性は女性の場合のみ注目されがちですが、男性の場合でも不妊症を引き起こす原因になるのです。

クラミジアは治療せずに放置していると、このようにどんどん重大な症状を引き起こしていくので、症状が悪化する前に速やかに治療を行うのが大切です。

男性が感染した場合でも、女性が感染した場合でも、無症状であるという部分は男女共通になってくるのがクラミジアという病気の特徴です。

はっきりとした症状が出るようになると男性の場合と女性の場合で違いが出てくるので、早く具体的な症状について知りたいと思っている人もいることでしょう。

男性がクラミジアに感染すると、一体どのような症状が現れ、悪化してしまうとどういった症状に変化していくのでしょうか。

男性がクラミジアに感染した場合は女性よりも気付きやすいといわれており、男性がクラミジアに感染した場合、主に尿道から感染していくことが多くなっています。

感染したときの主な症状として挙げることができるのが、尿道の痒みや排尿時の痛み、尿道から白い膿が出るといったものです。

男性の性器クラミジアは必ず尿道から感染するので、症状が現れるとまずはこういった尿道炎の症状が現れ、悪化してくると残尿や頻尿、血尿といった症状が出てきます。

さらに、射精したときに精液に血が混じったり、下腹部や会陰部、太ももの内側に痛みを感じるといった症状も出てくるようになります。

この段階でクラミジアを治療しないと、クラミジアは尿道から精嚢へと進行していき、精嚢炎や前立腺炎といった病気に変化していきます。

精嚢や前立腺には痛覚がほとんどありませんが、周辺の神経が異常を知らせるためにこういった症状が出てくるようになります。

こういった症状を感じたときは、速やかに病院や検査キットを使って、クラミジアの検査を行うことをオススメします。

ここまででも放置したら大変なことになるのがよくわかりますが、男性がクラミジアに感染した場合に起きる症状はこれだけではありません。

前立腺からクラミジアがさらに進行すると今度は精巣上体にクラミジアが感染してしまい、陰嚢の激痛や腫れ、陰嚢の発熱、陰嚢にしこりができたり、全身の発熱などの症状が引き起こされます。

精巣上体がクラミジアに感染して精巣上体炎になってしまうと、睾丸で作られた精子が運ばれる管である精管が塞がってしまう可能性があります。

こうなると精子を運ぶことができなくなってしまい、無精子症に繋がって男性の不妊の原因になってしまいます。

クラミジアを放置したことによる不妊の危険性は女性の場合のみ注目されがちですが、男性の場合でも不妊症を引き起こす原因になるのです。

クラミジアは治療せずに放置していると、このようにどんどん重大な症状を引き起こしていくので、症状が悪化する前に速やかに治療を行うのが大切です。