クラミジアになってしまった時、女性に起こりやすい症状にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

女性にあらわれる症状

クラミジアの症状に悩まされる女性

女性がクラミジアに感染してしまった場合、多くの場合はまず膣に感染します。

膣にクラミジアが感染すると、黄色や黄緑のおりものが増えたり、性行為を行ったときに軽い出血が起きたり、排尿時にわずかに尿がしみるといった症状が出てきます。

ですが、痛みを感じても全て軽い痛みなのでクラミジアと気付くことはほとんどありません。

ですが、クラミジアは女性が感染した場合、初期段階で子宮頸管炎を引き起こし、これらの初期症状は子宮頸管炎が引き起こされた状態になります。

おりものの量が増えたりするのは他の性感染症でも起きたりするので、おりものの量が増えたからといってクラミジアであると判断するのは非常に難しいのです。

男性がクラミジアに感染したときは様々な症状が引き起こされましたが、女性の場合でもそれは同じです。

クラミジアの症状が悪化してくると、黄色のおりものが濃くなって臭うようになる、おりものに血が混じるようになる、性器周辺の痒み、下腹部の痛みといった症状が出てきます。

感染してすぐの頃、つまり初期段階の頃にクラミジアを十分に治療することができていなかったり、そもそも放置してしまっていた場合、クラミジアは膣から身体の奥へ進行していきます。

最初は子宮頸管炎からスタートしますが、症状が悪化すると今度は子宮内膜へ感染して子宮内膜炎を引き起こします。

クラミジアは淋病に比べると感染しても症状がまだ軽いため、ここまで無自覚であることも珍しくありません。

クラミジアによって子宮内膜炎が引き起こされても治療をしなかった場合、卵管にもクラミジアが感染してしまい炎症を引き起こします。

クラミジアが卵管に感染してしまった場合、放置していると卵管癒着を引き起こしてしまうこともあり、不妊症や子宮外妊娠の原因を作り出してしまうので注意が必要です。

子宮や卵管を通過して腹腔内へクラミジアが侵入すると、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎などといった重大な病気を引き起こし、下腹部の激痛などの症状が引き起こされます。

子宮付属器炎や骨盤腹膜炎になって、はじめてクラミジアに感染していることが発覚することもありますが、これらの病気は後遺症として残ってしまう場合もあります。

後遺症として残ってしまった場合、不妊症や子宮外妊娠、流産や早産の原因になるので、できるならここまで症状が進行する前にクラミジアを治療するようにしましょう。

男性の場合でもそうであったように、女性の場合でもクラミジアは放置すればするほど危険な状態になっていくので、早期発見と早期治療を心がけましょう。