日本で最も多い性感染症のクラミジアの詳細です。感染してしまったらジスロマックなどが有効です。

クラミジアとは

日本で一番多い性感染症といえば、クラミジアです。なぜ、一番多いのかというと、感染率の高さも原因の一つとなっています。感染予防なしに、感染している人と性行為を行った場合、感染する確率は50%から80%だと言われています。2回、同じ感染者と性行為をすればほぼ確実に感染してしまう事になります。

クラミジアが一番感染者が多い理由として二つ目に挙げられるのが自覚症状が出難いという事です。特に女性が感染した場合はほとんどの方が気付かないまま放置してしまってる状態が多いです。男性もやはり自覚症状がわかり難いのですが、女性ほどではありません。症状として出ても、おりものが少し出る程度と、多少匂いが出るのみです。しかし、放置してると妊娠しづらくなったり、卵管炎や、子宮外妊娠、など重い症状が出てしまいます。妊娠してる場合は、流産し易くなり、出産時は子供に感染させてしまったりします。妊婦健診の際は必ず検査を受けましょう。そこで初めて感染に気付く方もいます。

予防

では、性感染症はどのように行えばよいのかと言いますと、避妊具は必ず装着しましょう。性器同士による感染が一番多い為、避妊具を着用する事により性器同士の感染を防げます。ただ、性器同士のみでは無く、喉頭による感染もあります。いわゆるオーラルSEXでも感染してしまいます。性器と性器、性器と咽頭、咽頭と咽頭この3パターンがありますので、そういった場合避妊具だけでは防げません。

治療には

クラミジアは治療する際にはジスロマックなどの抗生物質などを使用します。その治療薬を感染予防に服用する方もいます。ジスロマックは1回服用すれば、効果が一週間持続しますので、風俗などに行く前に服用すれば感染予防につながります。

男性と女性、共通してる事は、感染しているとHIVウィルスの感染率が通常よりも高くなる事です。感染していない人よりも3倍から5倍にもなると言われており、放置しておくのは非常に危険な病気です。自覚症状が無い事により放置してしまう方が多いため、感染者も増えています。自分が感染してる場合はパートナーも感染していると考えてもよいでしょう。2人一緒に検査する事が望ましいです。