感染してしまうと厄介なクラミジア。クラミジアに感染しないためには、コンドームでしっかり予防することが大切です。

しっかり予防するために

コンドーム

クラミジアは適切な治療薬をきっちりと服用すれば確実に治療することができるため、もしクラミジアに感染してしまっても全く治療することができないわけではありません。

ですが、やはりできるならクラミジアに感染したくないというのが、ほとんどの人の本音ではないでしょうか。

特にパートナーがいる人の場合、クラミジアに感染してしまうと浮気を疑われたりすることになるので、クラミジアがきっかけでパートナーとの関係にひびを入れたくありませんよね。

そのためにも、クラミジアに感染してしまわないように、しっかりと予防をすることが大切になってきます。

クラミジアは性感染症なので、一番の予防法は性行為を行わないことですが、性行為はパートナーとのコミュニケーションにもなるので全く行わないのは難しいことですよね。

クラミジアの予防法にはいろいろなものがありますが、その中でも簡単で効果的な予防法が、性行為を行うときはコンドームをきちんと使用するという方法です。

そもそもクラミジアは性行為のときに粘膜同士が直接接触することによって感染します。

それはつまり、粘膜同士が直接接触しないようにすれば、クラミジアに感染することはないということにもなりますよね。

コンドームを使用すれば粘膜と粘膜の間に壁を作ることができるので、粘膜同士が直接接触するのを防ぐことができます。

結果、自分自身がクラミジアに感染することを予防できますし、性行為を行うパートナーにクラミジアを感染させてしまうことも防ぐことができるのです。

さらに、コンドームを使用して性行為を行えば、望まない妊娠も防ぐことができるので、まさに一石二鳥といえますよね。

最近ではコンドームを使わない無防備な性行為を行う人たちも増えてきていますが、コンドームを使用しない性行為は危険なので、クラミジアの感染を予防するためにも、そして望まない妊娠のきっかけを作らないためにも、コンドームをつけるようにしましょう。

また、コンドームをつけても、その使用法が正しいものではなかった場合、クラミジア予防の成功率は低くなってしまいます。

正しくない方法でのコンドームの使用は、途中で外れてしまったり、破れてしまったりといったトラブルの原因にもなるので、コンドームは必ず正しい使用方法を調べてから、正しく使うようにするのが大切です。

最近のコンドームには女性用のものもありますし、オーラルセックス用のものなども登場しているので、性行為の内容に合わせてコンドームを使い分けたりしながら、クラミジアの感染を予防しましょう。