クラミジアの感染経路のほとんどは性行為です。また、その感染率は50%と非常に高いので、注意する必要があります。

性行為によって感染する

性行為によって感染することを解説する医者

クラミジアは原因であるクラミジア・トラコマチスが粘膜に感染した状態で、粘膜同士が直接接触することで感染を広げていくという特徴があります。

そのためクラミジアの感染経路はほぼ100%の確率で性行為からの感染だと表現することができ、空気感染や間接キスをすることによってクラミジアに感染することはありません。

これはクラミジア・トラコマチスが空気中では生きていけないほどに生命力が弱い細菌であることが理由にあり、性行為による粘膜同士の接触以外で感染が広がることはほとんど考えられないのです。

クラミジアは避妊具をつけずに性行為を行った場合、約50%という非常に高い確率で感染します。

そのため、クラミジアに感染してしまったときは性行為からの感染を真っ先に疑うのですが、中にはクラミジアに感染した人と性行為を行った記憶がないのにクラミジアに感染してしまうこともあります。

感染経路に心当たりがない場合、性行為という直接的な経路以外で感染してしまったことが考えられ、性行為以外の感染経路だとオーラルセックスやディープキスを挙げることができます。

これはクラミジアが喉に感染することもあるためで、相手と性器を直接触れ合わせていないのに感染してしまったときはこういった感染経路で感染してしまったと考えることができます。

直接的な性行為以外の感染経路は見落としがちなので、性行為はしないから大丈夫と油断せず、それ以外で感染するかもしれないと警戒するようにしましょう。

また、クラミジアは粘膜同士の接触以外にも、精液や膣の分泌液を介して感染を広げていく場合もあり、クラミジアに感染した人の精液や分泌液が付着した手などで直接性器を触れたりすることで感染してしまうこともあります。

クラミジアの感染経路は性行為による感染以外にも、このような感染経路があるので注意が必要なのです。

粘膜同士の接触ときくと、いまいちぴんとこないかもしれませんが、粘膜というのは唇や舌、口の中や、喉、生殖器など、身体の至る所に存在しています。

これらの場所にクラミジア・トラコマチスが感染することによってクラミジアが引き起こされるのです。

こうして具体的な部位をあげてみると、どういった場所が粘膜と呼ばれる部分になるのか、とてもわかりやすくなりますよね。

粘膜は身体のあちこちに存在しているので、これらの場所にクラミジアの原因となるクラミジア・トラコマチスを感染させないように気をつけるようにしましょう。